おすすめのムダ毛処理法とは?それぞれの特徴をご紹介!

近年では、女性のみならず男性に関してもムダ毛処理の意識が高まってきています。

そんな状況もあり、ムダ毛処理の方法は多岐に渡ってきていますし、ムダ毛を自己処理できる商品や電気機器も多く販売されています。

それを踏まえまして、この記事ではムダ毛の処理方法や部位に異なるムダ毛の特徴など、ムダ毛処理に関する情報をお伝えしていきたいと思います。

ムダ毛処理にはどんな方法がある?

カミソリでの自己処理

カミソリでの自己処理
日頃のムダ毛をカミソリで処理している方も多いと思いますが、刃物であるカミソリは使い方を誤ると危険を伴う場合もありますし、肌などに悪影響を及ぼす可能性もあります。

それを防ぐためにも、カミソリでムダ毛処理をする場合は事前の準備をしっかりとするように心掛けることが必要です。

剃る前の準備

まずは剃る前の準備ですが、通常時のムダ毛は比較的硬い毛質となっていますので、剃る前には湯船に浸かったり蒸しタオルを当てるなどして毛を柔らかくしておくのが望ましく、剃った時の痛みも軽減されます。

肌へのダメージを軽減

ムダ毛を柔らかい状態にした後は、シェイビング用のジェルやクリームを処理する部位につけてからカミソリを使うことが望ましく、ジェルやクリームの効果によって肌に受けるダメージなどを抑えてくれます。

また、シェイバーの中には、カミソリ部分の近くにジェルが備わっているシェイバーもありますので、シェイバーによってはシェイビング用のジェルやクリームを使用しなくても大丈夫な場合もあります。

正しい剃り方

次は実際の剃り方ですが、毛は一定の方向に向かって生えている傾向があり、カミソリで処理する場合も毛の流れを意識する必要があります。

ムダ毛が長めの時ですが、その場合は毛の生えている流れに沿ってカミソリを動かすようにすると毛を引っ張ってしまうことも少なくなりますので、肌へのダメージを最小限に抑えられます。

電気シェーバーでの自己処理

電気シェーバー

電気シェーバーのメリット

電気シェーバーを使用した場合のムダ毛処理は、刃が直接肌にあたりませんのでカミソリや毛抜きよりも肌に優しい処理方法となっています。

また、電気シェーバーは、カミソリ、毛抜き、除毛剤と比べると商品自体は高額になってしまう場合が多いですが、一度購入してしまえば何度でも使用することができますので、長い目で見れば経済的なメリットは他の方法よりも優れていると言えます。

さらに、電気シェーバーには使用する用途でも優れた点があり、肌を負担が掛かりやすいカミソリや毛抜き、または刺激の強い除毛クリームなどではデリケートゾーンのムダ毛処理は難しいと思いますが、電気シェーバーなら肌に優しいので皮膚の弱いデリケートゾーンでも安心して使用することができます。

また、時間効率という観点でも優れた点があり、電気シェーバーはヘッド部分を軽く当てるだけで除毛することができますので、短時間に広範囲のムダ毛を処理することが可能となっていますし、皮膚が乾いた状態で電気シェーバーを使っても問題が少なくなっていますので、皮膚やムダ毛を温めるといった準備に時間を掛ける必要もありません。

電気シェーバーのデメリット

これまで電気シェーバーの優れた部分を紹介してきましたが、電気シェーバーはカミソリと比べると浅剃りになってしまう場合も多くありますので、残った毛が目立ちやすかったり、処理をする頻度が増えてしまう場合があるといったマイナスポイントもあります。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器
エステサロンや美容クリニックなどと同じような脱毛処理が自宅で手軽にできることから人気となっている家庭用脱毛器ですが、業務用の脱毛器と比較すると家庭用脱毛器の脱毛効果は弱い仕様になっているのが一般的です。

しかし、速効性や短期間での結果を求めないのであれば、家庭用脱毛器でも十分に効果を感じることができるレベルになっています。

もちろん、毛の太さや濃さによっても家庭用脱毛器で感じられる効果に差が生じてしまいますが、それでも継続して使い続けることで毛が薄くなったという効果を実感する声も多くあります。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器の最大のメリットは、クリニックやサロンに通う必要がなく、自分の好きな時間にムダ毛の手入れができるという点です。

それと同時に、専門技術のあるスタッフに施術をしてもらうにはそれなりに高額な費用も掛かってしまいますので、経済的なメリットも大いにあります。

家庭用脱毛器の種類

また、家庭用脱毛器は大きく分けて4つのタイプがあり、痛みが少なくスピーディーに処理できるフラッシュ式と、痛みを感じやすいもののピンポイントに照射することで高い効果を発揮するレーザー式、ローラーが回転してムダ毛を挟んで抜き取るローラー式、毛を生やす指示を出す部分に働きかけるバジル式の4つのタイプとなっています。

これらのタイプは、痛みの度合いや脱毛効果にそれぞれの特徴がありますので、利用者の好みを考慮して選んでください。

脱毛クリニック

脱毛クリニック
脱毛クリニックは、専門的な知識がある医師によって脱毛の施術を行うということが大きな特徴となっています。

脱毛クリニックのメリット

医師の管理下でレーザーなどの脱毛機器を使用する場合は出力を強くすることができますので、脱毛クリニックの施術は短期間で効果を得ることができます。

脱毛効果を早く実感したい!という方にオススメです!

脱毛クリニックのポイント

脱毛機器の出力を強くすることができる分だけ照射した部分に痛みを感じやすくなってしまいますし、肌への負担も大きくなってしまう傾向があります。

また、脱毛クリニックは医療機関となっていますので、多くの場合は病院で治療を受けるのと同じように初診料が発生する場合もありますし、施術後の肌ケアのための投薬代なども掛かってしまいますので、脱毛クリニックで脱毛処理をすると経済的な負担が大きくなってしまう可能性があります。

脱毛クリニックのメリット

そんな経済的なマイナスポイントが脱毛クリニックにはありますが、万が一にも施術中や施術後に肌トラブルが発生してしまった場合は、専門知識が備わっている医師が迅速に対処してくれますので、安心感という観点から見ると医師の管理下で施術を受けることができる脱毛クリニックは優秀と言えます。

おすすめ⇒キレイモ通い放題

脱毛サロン

脱毛サロン

クリニックとサロンの違い

脱毛サロンは、医師の管理下で施術を行う脱毛クリニックとは異なり、一般的にはエステティシャンの手により光脱毛が主流となっています。

この違いは脱毛効果や施術中の痛みなどにも反映されていて、脱毛サロンの光脱毛は脱毛クリニックで使用されている医療レーザーよりも出力が穏やかになっていますので、医療レーザーよりも速効性は弱まっている分、施術による痛みも軽減されています。

また、脱毛サロンは脱毛クリニックよりも施術効果が弱い反面で、1回の施術に掛かる費用はリーズナブルになっている場合が多くなっています。

しかし、脱毛機器の出力が弱いということは、脱毛効果が得られるまでには施術の回数も多くなっていましますので、手間と時間が脱毛クリニックよりも増えてしまう可能性があります。

脱毛サロンのメリット

そんなマイナスポイントもありますが、脱毛の悩み相談が行える無料カウンセリングがあるのが脱毛サロンならではとなって、施術後には美肌や保湿のためのケアも念入りに行ってくれるのも大きなメリットとなっています。

このことにより、肌への負担をできるだけ抑えたい方や施術費用を少しでも抑えたい方は、脱毛クリニックではなく脱毛サロンを利用して脱毛することをおすすめします。

女性がムダ毛を処理している部位とは?

女性がムダ毛処理している部位は、脇、腕、足を優先的にムダ毛処理を行う場合が多く、この部位を永久脱毛している女性も少なくないと思います。

また、夏場などの肌を露出する機会が多い場合はVIO、背中などの部位に対して脱毛意識が高まる方も多いと思います。

さらに、美容意識が高い方や全身のムダ毛が気になってしまう方などは腹部、胸部、顔全体など、髪の毛や眉毛以外のムダ毛を脱毛してしまう方も少なくないと思います。

部位によるムダ毛の特徴

部位によるムダ毛の特徴は、成長力や毛質などの違いがあります。

まずは成長力ですが、ムダ毛の中で最も成長力がある部位はデリケートゾーンとなっていて、成長期間は1年〜2年程度となっています。

成長期間が長い分、生え揃った時点での毛の長さは髪の毛に次ぐ長さとなっています。

デリケートゾーンの次に成長力が高い部位は、脇毛で成長期間は5カ月程度、腕や足の毛で3カ月〜5カ月程度の成長期間になっています。

次に注目するのは毛質の違いですが、顔や背中の毛は産毛ですので毛は細く柔らかい毛質となっていて、デリケートゾーンや脇毛は太くて強い毛質となっています。

部位によるおすすめの処理方法

顔・顔周り

最初にお伝えする部位はフェイス周りのムダ毛処理の場合ですが、フェイス周りのムダ毛は細くて柔らかい産毛となっていますので、顔用シェーバーかI字カミソリで軽めに剃れば問題ありません。

しかし、万全を期すためには蒸しタオルなどで顔表面の皮膚や産毛を柔らかい状態にし、剃った後には化粧水や乳液で保湿を行ってください。

脇毛の処理方法ですが、脇の下はとても弱い皮膚になっていますので、カミソリを使って処理しようとすると余計な刺激を与えてしまう可能性がありますし、毛抜きで処理するのは皮膚トラブルを引き起こす可能性が大いにあります。

従って、脇毛を処理する場合は肌に優しい抑毛効果のあるクリームやジェルを使用することをおすすめします。

腕や足

腕や足の処理方法ですが、腕や足は比較的に強い肌をしていますので、カミソリや毛抜きなどで処理しても肌トラブルを引き起こす可能性は低くなっています。

腕や足のムダ毛を一気に処理したい場合は、最近になってよく耳にするブラジリアンワックスすると効率良く処理することができます。

陰部

陰部の処理方法ですが、陰部の毛は太くて頑固な毛質となっていますので、脱毛クリニックや脱毛サロンできれいに処理してもらうのが望ましいですが、場所が場所だけに恥ずかしくて他人には任せられないという方も多いと思います。

そこで、自分で処理する場合はIO部分を顔用シェーバーか専用のシェーバーで皮膚を傷つけないように丁寧に処理するか、ブラジリアンワックスを使用するのがおすすめとなっていて、Vラインに関しては乱暴に処理しない限りはどの手法を使って処理しても問題はありません。

背中

最後に背中の処理方法ですが、シェーバーで剃る、除毛クリームを使う、ブラジリアンワックスを使うの3つがおすすめとなっています。

しかし、背中は処理範囲も広いですし、手が届かない部分もある場合がありますので、処理むらを防ぐためにも家族や友人の手を借りて処理するのが望ましいと言えます。

ムダ毛処理を行うメリットとは?

ムダ毛を処理する大きなメリットとしては、見た目をキレイにすることができるという点となっています。

特に女性の場合は、すね毛や脇毛が生えている所を目撃されるのはとても恥ずかしくなってしまうと思いますし、ムダ毛が無くなると清潔感も増した見栄えになると思います。

最近では、男性もムダ毛処理の意識が高まっていて、男性サロンなどを利用して永久脱毛する男性も増えてきています。

また、顔のムダ毛は明るい場所に行くと目立ってしまう場所があり、顔がくすんで見えてしまうこともありますので、顔をすっきり見せるためにも顔のムダ毛を処理するのが望ましいと思いますし、化粧のノリも良くなると思います。

さらに、ムダ毛は化粧水や乳液の浸透を妨げてしまう場所もありますので、美容の観点からも顔のムダ毛処理にはメリットがあると言えます。

ムダ毛処理を行う際の注意点

ムダ毛処理を行う際の注意点は、肌トラブルを防ぐことが大前提となっています。

カミソリや毛抜きの使用は直接肌に刺激を与えてしまう可能性が大いにありますし、剃った部分が黒ずみになってしまう場所もありますので、処理する前にはムダ毛を柔らかくしたり、長くなった毛を事前にカットするなど準備をしっかりと行ってからムダ毛処理をしてください。

また、脱毛効果や除毛効果のあるクリームやジェルを使用する場合は、敏感肌の方や配合されている成分が合わないと肌トラブルの原因になってしまいますので、商品を使用する前にはパッチテストを行って自分の肌に悪影響を及ぼさないことをしっかりと確認してから使用する方が望ましいと言えます。

ムダ毛処理に関するQ&A

Q、男性が女性のムダ毛を気にする部位とは?

A:女性のムダ毛で一番気にする部位は、脇の下のムダ毛となっています。

この要因としては、日本人女性は脇毛をしっかりと処理する習慣がありますので、男性側が女性のムダ毛を見慣れていないというのが大きな要因になっていると思います。
また、脇毛に次いで気になるのが、腕の毛、口周りの順で気になるという意見が多くなっています。

Q、逆に男性が女性のムダ毛処理が必要ないと思う部位とは?

A:男性が女性のムダ毛処理をする必要がないと思っている部位は、一番は背中のムダ毛処理です。

その理由は、普段の生活の中で男性が女性の背中を凝視する機会も少ないと思いますし、背中の毛は細い毛質で目立ちにくいので、男性の目にはとまりにくいムダ毛と言えます。
それと同時に、顔や胸部などの産毛に関しても処理する必要がないと思っている男性は多いと思います。

Q、VIOの脱毛をするときって恥ずかしくないの?

A:脱毛サロンなどを利用する場合、VIOの脱毛をする際は陰部を露わにするタイミングもありますので、初めて脱毛サロンを利用する場合や他人に見られることが苦手な方は耐え難いと思います。

こればかりは慣れもあると思いますし、施術を行うスタッフは何百人のお客さんの中の一人として思っていませんし、必要以上のリアクリョンはしないと思います。

Q、秋・冬でもムダ毛処理をしている女性ってどれくらいいるの?

A:肌を露出する機会が減る秋や冬でもムダ毛処理をしている女性は、最も処理する割合が多い部位になっている脇毛でも7割程度の人はムダ毛処理を行っています。

また、夏に露出する機会が増える膝下のムダ毛処理は、夏は7割以上の人が処理しているのに対して、冬は4割程度と大幅に減少していますので、露出度の変化とムダ毛処理の重要性はリンクしている傾向にあります。

Q、ムダ毛処理はアトピーの人でも安全に行える?

A:アトピー性皮膚炎の方は、肌に刺激を与えてしまう可能性がある除毛効果のあるクリームやジェルを使用するのは非常に危険となっていますので、ムダ毛を自己処理する場合は蒸しタオルを使って毛や皮膚を柔らかくした状態にしてからカミソリで優しく剃る方法が望ましいと言えます。

また、アトピーの方は永久脱毛をしてしまうのが最良の策となっていて、ムダ毛処理をしない状態にすることが最も大切になっています。

Q、ムダ毛処理をすると毛が濃くなるってホント?

A:結論からお伝えすると、ムダ毛処理をしても毛が濃くなることはありません。

それでは何で濃くなるという印象が広まったのかと言うと、カミソリなどでムダ毛を処理した場合は切断面が平らになってしまうので、切断されたことによって先端の表面積が増えたムダ毛が再び生えてくると黒い部分が多く見えてしまい、手が濃くなったような印象を与えてしまいます。